09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

「なにわの伝統野菜泉州水なすカレー」(株)ニシムラ(大阪市) 

水ナスカレー
2011.09.26実食

 甘く無くて香りが良い。香辛料の効いた大人のカレーです。大きく切った水ナスがごろっと入っている。皮のツルッとした食感。中身はトロトロに煮込まれています。使われているナスビは、泉州水ナス。泉州とは大阪府南部の和泉(いずみ)地方のこと。それで採れる水ナスは高級漬物の素材として有名です。それを惜しげもなく使ったナスビカレーの秀作です。

 メルカートピッコロ店主中島一郎の話では、ニシムラさんは漬物屋さんで、大阪の伝統野菜復活に取り組んでこられた方々のおひとり。ですから、使われているナスビは本物だというわけです。

 なにわの伝統野菜を復活させる運動は興味深い。野菜は農産物として捉えると楽しくならない。食材として扱ってこそ楽しい。その点、なにわの伝統野菜はもともと漬物用だったものが多いですから、最初から食材として扱われていた。このカレーに入っているのも浅漬けの水ナスです。漬物の食文化がベースにあって、それがカレーのような全然別の料理に展開したわけです。そこがおもしろい。

水ナスカレー
スポンサーサイト

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

「サンdoリップ、ブルーベリードライ」農業生産法人(有)サンドリップ(鳥取市) 

ブルーベリー
2011.09.22実食

 セミドライタイプですから、水分が残っていて柔らかい。優しい甘さはハチミツのせいでしょうか。わずかな酸味とブルーベリー特有のスーッとした清涼感があります。素材は、鳥取県産ブルーベリー(自社無農薬栽培)、ハチミツ、食用ひまわり油。ブルーベリーの無農薬栽培は珍しいと思う。そのまま食べてもおいしいし、お菓子素材としてもおもしろいでしょう。

ブルーベリー

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

沖縄の伝統野菜「ハンダマ」 

はんだま
2011.09.21実食 煮ひたし

 見た目はサラダ菜ですが、驚くことに山菜の味がします。生食するとフキの香りがする。写真上のように煮びたしにしてもらいました。クキの部分がシャクシャクしていて中身がとろっと粘りのある食感で、やはりフキの味がします。繊維質な食感はウドにも似ている。見た目はサラダ菜なのにね。不思議だね。

はんだま
2011.09.21実食 てんぷら

 天ぷらにすると、おもしろいことにアクがあります。タラの芽の天ぷらに似た苦味がある。やはり山菜ぽい。おもしろい野菜です。

 沖縄では昔から食べていたようです。添付の説明書きでは各地に同じものがあり、熊本では水前寺草、金沢では金時草と呼ばれているらしい。江戸時代に各地に伝わったのでしょうか。それならなぜ関西には無いのか? やはり不思議です。

はんだま はんだま

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。