02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

麺が香ばしい>「長崎皿うどん」三栄製麺(有)(長崎市新地) 

皿うどん
2009.03.20実食

揚げた細めんの上に自分で調理した具をのせます。調理するためのタレが付いている。辛めのタレです。これに片栗粉と砂糖を加える。砂糖を入れるというのが関西人には珍しい。お好みに合わせて、と袋書きにありますから、少なくてもいいようです。細めんのパリパリとした食感が楽しい。なかなか香ばしくて、小麦の甘い味のする麺です。長崎ではこの麺を「パリパリ」と呼ぶそうです。本当ですか? パリパリの濡れた部分はしっとりしてくる。味がよくからんで、しっとりしてもおいしいぞ。三栄製麺さんは長崎新地の中華街の製麺所。1947年創業です。

皿うどん

長崎皿うどんは、焼きうどんタイプのものと揚げそばタイプの2種類がある。関西でもそうです。ウイッキぺディアによれば、これは長崎チャンポンの派生形らしい。明治時代に腹を空かせた中国からの留学生のために中華料理店が考案したのがチャンポンだそうです。うどんのような太い麺に大量の具をかける。たべでのあるのが特徴です。皿うどんはチャンポンの配達用として、汁を抜いたものだそうです。揚げそばタイプは、そのバリエーションらしい。明治時代の長崎の留学生てどんな人たちだったのでしょうか。やはり食のパブリック空間があったのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

フカフカ玉子生地のバームクーヘン>「いちごのシラカンバ」(株)石蔵(北海道札幌市) 

シラカンバ
2009.03.19実食

シラカンバのいちご版。シラカンバとはシラカンバ(=シラカバ)の木に似た北海道のバームクーヘン。札幌の(株)石蔵さんが作っています。玉子の香りのするフカフカに柔らかい黄色い生地です。バームクーヘンとは思えないほどの柔らかさ。後味でいちごの風味がほのかにします。シラカンバは生地をホワイトチョコでくるんだものですから、これはいちごチョコレートを使っているというわけでしょう。桃色の姿がかわいらしい。ちなみにバームが木で、クーヘンが菓子を意味するドイツ語。それをシラカンバに見立てるのは語義的に正しいのかも知れません。

シラカンバ

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

飛騨の味噌屋さんのつくった>「みそせんべい」大鳳堂(岐阜県高山市) 

みそせんべい
2009.03.12実食

味噌屋さんの味噌せんべいです。薄焼きでパリパリッとした軽い食感。関西の炭酸せんべいに食感は似ています。ほんのり塩味で、味噌をこがした香ばしさがあります。甘さ控えめ、後味のさっぱりした日本のクッキー。素材は小麦粉、砂糖、味噌(大豆、米、食塩、酒精)、鶏卵、水飴、重曹、乳化剤。重曹を使っているから炭酸せんべいに似ているのかな。

みそせんべい

大鳳堂は、味噌づくりの糀屋(こうじや)柴田春次商店さんの飛騨菓子ブランド。とちの実せんべいが有名です。味噌はもちろん自家製味噌。昔風の大きな杉樽で今も仕込んでらっしゃる。糀屋さんの味噌は天王寺では定番の人気商品です。味噌せんべいは飛騨の郷土菓子。そのなかでもやっぱり糀屋さんのみそせんべいは香りが良い。とちの実せんべいもそうですが、糀屋さんのせんべいは香りが良いのが特徴ですね。

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

天王寺散策スケッチ ナニワ型こま犬(サンクスカード8枚目) 

堀越神社こま犬
2009.03.28/透明水彩はがきスケッチ/大阪市天王寺区、堀越神社

大型犬のようにどーんとしてます。綱をつけてもらって、まるで横綱です。ガウガウ言って得意げです。笑うこま犬ではありませんが、普通のナニワ型こま犬もおもしろいぞ。1800年の作品。こいつも耳がありません。例によって大阪大空襲で焼けました。こま犬めぐりが焼け跡めぐりみたいになってますね。こいつの場合、その後楽しい展開があった。まず2代目が作られました。1970年といいますから大阪万博のときです。今、社殿前にいるのがそれ。こいつは境内の奥にいます。今のは今ので良いのですが、見比べてみればナニワ型の特徴がよく分かります。こいつの場合、力強さと動きがある。耳はかけても横綱さんだね。次に楽しいのは、小さなお守りが用意されたこと。かわいー! こま犬のお守りって見たことありませんでした。堀越神社の氏子のみなさんは、よほどこいつのことがお好きなんですね。大切にされて、こいつもまだまだやる気まんまんです。ガウガウ。

090238お守り 堀越神社のこま犬お守り

テーマ: 絵ブログ

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

桜でなくてもおいしい>「桜そうめん」(株)麺匠の勝太郎(奈良県桜井市三輪) 

桜そうめん
2009.03.12実食

ツルリとしたのど越しが特徴です。通常の三輪そうめんよりも、弾力があって腰の強いのも特徴でしょう。赤いほうは、ほのかな桜の香りがします。白いほうより塩が効いている。桜葉の塩漬けを使っているのでしょうか。素材は小麦粉、食塩、食用植物油、本くず粉、くちなし色素。

桜そうめん

麺匠の勝太郎さんは使っている素材が珍しい。小麦粉はほとんど薄力粉に近い中力粉。これを日清製粉に特注しているそうです。グルテンが少ないわけですから、形になりにくい。その代わりにツルリとした食感になるらしい。くず粉はつなぎのために入れているのでしょうか。くず粉を使うのは勝太郎さんの特許です。そうですよね、普通そうめんにくず粉は入れないですよね。植物油はフランス産のグレープシードオイル。これも珍しい。やはり特許だそうです。塩は天日乾燥のミネラル分の多いもの。ホームページを見てもよく分からないのですが、どのような動機でこの製法をお考えになったのでしょうか。知りたいところです。1990年創立。

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。