03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

「満天星」諏訪酒造(株)(鳥取県智頭町) 

満天星
2011.09.21実飲

 少し色づいています。濃厚な香りがある。口当たりはフルーティですが決して甘くありません。これほどさっぱりとした辛口も珍しいでしょう。酸味は無く、少し苦みがあって個性的です。他にはあまり無いようなおもしろい酒です。。熱燗にしても良いでしょう。素材は国産米(山田錦、玉栄)、国産米こうじ。

 諏訪酒造はマンガ「夏子の酒」のモデルになった酒蔵のひとつだそうです。「諏訪泉」が銘柄で「満天星」は春にできた新酒を一夏熟成させて9月に出荷するお酒。この色は熟成の色なんだね。

満天星
スポンサーサイト

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

「鳥取産二十世紀梨チューハイ」(株)林兼太郎商店(鳥取県湖山町) 

梨チューハイ
2011.02.15実飲

 ねっとりとした甘さなのでラ・フランスを思い出しました。炭酸ジュースのように軽く飲めます。まったりとした甘さですが、ほんのわずかな苦みがあって、それが梨らしいさわやかさを感じさせてくれる。なぜか白い。梨の色なのでしょうか。素材は鳥取産二十世紀梨果汁、醸造用アルコール、果糖ブドウ糖液糖、トレハロース、香料、クエン酸。いろいろ入れてるんだ。

 二十世紀梨のチューハイは、これが最初と言われている。2008年発売。林兼太郎商店は酒類卸し業で、地元の梨を使った商品を開発したわけです。通常チューハイは果汁5%のなのを11%に引き上げて風味を増したのが特徴だという。だからねっとりしているのか。

 製造は広島市の三幸食品工業。1933年創業の委託製造メーカー。リキュール類は2001年から事業開始。いろんな会社のチューハイもここで作られるものがあるらしい。資本金7800万円の大手。最近は各地のご当地商品の開発製造も請け負っている。自社ブランドを持たず、委託製造専門という業態が興味深い。

梨チューハイ

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

スパークリングワイン「ピンクロザート」リオンド社(イタリア) 

ワイン、リオンド
2011.02.13実飲

 とてもきれいな桜色のスパークリングワイン。甘い香りで飲みやすい。少し甘くて、きりっとした酸味がある。発泡酒らしいわずかな苦味が後味を良くしています。見かけがおもしろいだけでなく、しっかりとした味わいのワイン。冷やして飲むと良いでしょう。

 ワイナリー・リオンドは1999年設立。ヴェネチアとミラノの間のベローナにある。このあたりは有名なスパークリングワインの産地。フランス・シャンパーニュ地方のブランド保護のためイタリアワインはシャンパンを名乗れなくなった。しかたなくイタリア産シャンパンは、スパークリングワインを名乗るようになった。

 EUの農業政策は地域ブランド保護が基調のようです。EUの原産地名称保護制度は1992年制定。リオンド社の1999年設立は、それと連動しているように見えます。

 リオンドはそうしたヨーロッパのワイン産地再編で生まれたワイナリーのようです。アメリカ向けに年間7万本を輸出するというから、けっこう大きな会社です。その7万本の余りが天王寺までやってきたわけです。

 それにしても美しい色をしている。炭酸は入れていますが、色をつけているわけではありません。ピンクロザートのロザートは「がかった」という意味。「ピンクがかった」というのが、このワインの名前。なんだかヒナ祭りっぽいね。

ワイン、リオンド

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

「サラ、玄米せん」(株)日の丸製菓(岐阜県八百津町) 

サラ玄米
2010.03.06実食

 クッキー製のお皿にクッキーが入っています。「やおつのおやつ」シリーズの「サラ」。皿に入っているからサラなのかな。見た目の楽しいおやつです。

 5種類のなかで、これが一番インパクトがある。まず見た目がおもしろい。醤油味の玄米がツブとして入っている。次に、玄米を使うお菓子が珍しい。玄米茶と同じ香りがします。ほのかな甘さのなかに、玄米の香ばしさと醤油味が奇妙に同居している。

サラ玄米

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

ジャガイモ焼酎「浪漫倶楽部」清里町焼酎醸造事業所(北海道清里町) 

じゃがいも焼酎
2010.03.06実飲

 美しいコハク色です。封を切ると甘い香りが立ち昇りました。まるで極上のバーボンではありませんか。ジャガイモ焼酎もあなどれないかも。期待が高まります。一口舐めると、まだ熟成が若いような感じで、舌先をピリピリと刺激します。口に含んで味を確かめると、、、苦い。、、、なぜ?

 オーク(樫)の樽で仕込んでいる。香りと色は樽に由来するらしい。口に含んだとき甘い味わいがあるのですが、後味が苦いのはなぜでしょう。これがジャガイモ焼酎の特徴なのか。樽由来の甘い香りとのコントラストがきつすぎるのかもしれません。普通のステンレス桶でつくれば、もっとさっぱりと苦味の活きた焼酎になるかも。

 清里町は知床半島の付け根にあります。清里町焼酎醸造事業所は、ジャガイモ焼酎を日本で最初に造ったところだそうです。ホームページを見ても資本関係が分からないのですが、町の3セクなのでしょうか。1976年に開発に成功し79年に発売。「浪漫倶楽部」は97年発売のブランドです。

ジャガイモ焼酎

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。