05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

「昆布屋さんのこだわりこんぶだし」(株)浪花昆布(兵庫県神戸市) 

こんぶだし
2011.08.20実食

 昆布ダシが十分よく出ています。香りがよくて旨みがある。くせの無い上品な旨みなのは素材が良い証拠でしょう。まったりとした味わいが具材の味を引き立てます。お手軽でありながら本格的なダシとして使いやすいと思われます。素材は、北海道道南産天然真昆布だしのみ。

 (株)浪花昆布は神戸市内の佃煮屋さん「佃真(つくだま)」のことらしい。なぜ浪花を名乗るのかは分かりませんが、地元では人気の佃煮屋さんのようです。2代目になってから、精力的に商品開発を進めているようです。この食材もその成果というわけか。佃煮も食べてみたい。

こんぶだし
スポンサーサイト

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

「シバタ焼肉のたれ(辛口)」シバタ食品加工(秋田県横手市) 

シバタ焼き肉のたれ
2011.08.15実食

 味噌の味です。甘辛いですが甘すぎず、ニンニクとショウガの風味が効いています。味の奥に酸味を感じるのはリンゴのせいかも知れません。味噌の香りが良いので長野県のホウ葉ミソを思い出しました。ホウの葉に味噌と具を載せて下からあぶる食べ方でした。東日本には関西とは違う独自の味噌文化があるようです。辛口のほかに甘口、ショウガ味、胡麻ダレがあります。

 素材は、本醸造醤油、砂糖、リンゴ、タマネギ、ニンニク、ショウガ、日本酒、みりん、唐辛子、煮干し、宗田鰹、水飴、胡麻、味噌、蜂蜜、クルミ、梅、しそ。特にリンゴは秋田県増田の契約農家から「増田のふじ」を仕入れているそうです。リンゴが味の決め手かも知れない。

 シバタ食品加工は1984年創業の焼肉タレの専門メーカーです。小規模な工場で手作りなさっている。仕込みは雑菌の出にくい冬期(12-3月)に行い、3ヶ月ほど熟成させた後で出荷なさっている。味噌は自家製だそうです。本格派だね。

シバタ焼き肉のたれ

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

「唐船峡めんつゆ」(株)唐船峡食品(鹿児島県指宿市) 

とうせんきょう
2011.06.30実食

 甘さの勝った甘辛い濃い味です。この「濃い」というところが受けているのでしょうか。メルカートピッコロのロングセラーのひとつです。関西風味というわけではありません。シイタケの含め煮に似た味わいと言えばお分かりでしょうか。多少カツオの風味があるかな。濃いけれど後味がすっきりしているのがよろしい。

 素材は、醤油(混合)、カツオ節、カツオエキス、さば節、煮干し、昆布、シイタケ、砂糖、果糖ブドウ糖液糖、米発酵調味料、食塩、酸味料、調味料(アミノ酸等)。

とうせんきょう

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

パスタの素「アルデンテ グラッチェ(モルト アラビアータ)」(株)アーパ・アンド・イデア(東京都文京区) 

パスタシーズニング
2011.05.25実食

 パプリカの独特な清涼感のある香りがします。焼きそば風に仕上がりました。ピリ辛でさっぱりしています。説明書に焼きめしや肉料理の調味料としても使えるとあった。工夫次第で、いろんな料理に使えると思います。焦げやすいので炒めてはいけません。オイルとゆで汁で溶く感じで調理してください。

 素材は、タマネギ、パプリカ、トマト、パセリ、食塩、唐辛子、グリーンペッパー、オレガノ。シンプルな調合ですね。ニンニクやバジルも入っていると思ったのは錯覚でしょうか。商品名の「アルデンテ、グラッチェ」はアルデンテよありがという意味。アルデンテとはパスタの理想の茹で具合を指すそうです。髪の毛ほどの堅い芯が残ったものが良いそうです。アラビアータは唐辛子入りトマトソースのこと。そういえば素材にトマトも入って無いな? モルトというのは非常にという意味ですから、とても辛いアラビアータというわけだ。

 アーパ・アンド・イデアは1996年京都で創業の輸入食材会社。2003年に東京へ移転、アグリコーラ・フロンチーノ社と提携してオーガニック食材の生産を始めたそうです。その後次々と現地メーカーと提携し、食材のレパートリーを急速に増やしているようです。
 
パスタシーズニング

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

「スペイン製イカスミ」リユニオン食品工業(イタリア、ジェノバ県アヴェーニュ) 

イカスミ
2011.04.29実食

 イカスミを売っているとは珍しい。イカスミはヨーロッパでも伝統食材だそうです。さらっとしたイカスミです。磯の香りがします。さっそくパスタにしてもらった。塩味の利いたイカ焼きそばみたいになった。まっ黒にはならないけどうまい。素材は大西洋産イカの墨と塩のみ。1箱に2袋入って4人前。箱には英語でイカスミリゾットの作り方が書いてあった。それもうまそう。

 リユニオン食品工業のHPは見つかったが、ちゃんと開かない。どうしてヨーロッパのメーカーHPは開かないものが多いのでしょうか。メーカーはイタリアですが、加工と封入はスペインだと書いてあります。


イカスミリゾットの作り方(4皿分)
材料:リゾット用の米500g、さいの目切りのイカ2~300g、みじん切りのニンニク2個、白ワイン1グラス、イカスミ2袋、コンソメ、オリーブオイル
準備:タマネギとニンニクを中型フライパンで茶色になるまで炒める。イカを加えて茶色になるまで炒める。白ワインとイカスミを加え5分強調理する。そして米を加える。弱火にしてコンソメを加え、米に火が通るまで絶えず混ぜ続ける。

イカスミ イカスミ

テーマ: お取り寄せグルメ

ジャンル: グルメ

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。